リゾートを購入する > 不動産会社との付き合い方

不動産会社との付き合いかた

電話やハガキでアクセス

第一印象も重要、まずは電話での対応からチェック

広告を見て気に入った物件があったら、さっそく不動産会社とアクセスを取ってみよう。

ファーストコンタクトは電話かハガキというパターンが通常だ。さらに何日かしてから電話もかかってくるだろう。この対応の速さは熱意の表れだ。あまりにしつこい勧誘は考えものだが、「ハガキを送ったのにナシノツブテ」というのも困る。
『広島 賃貸』のようにネット検索をする方法も今では当たり前になっていますよね。十分に活用しましょう。

電話での対応は重要なポイントなのでしっかりチェックしておこう。きちんとした会社なら、第一印象を左右する電話応対をおろそかにはしないはずだ。電話に出た営業マンがのちのちまであなたの担当者になるケースも多いのだ。

ウマの合わない営業マンなら代えてもらう

では、物件はとても気に入っているのに、たまたま電話に出た営業マンの印象がよくないときはどうすればいいのだろうか。

この場合、やはり人間同士なのだから、ウマが合わないことももちろんある。そんなときは、遠慮なく担当の変更を申し出ても構わない。できる限り対応してくれるはずだ。

 

情報の収集

FAXがあると情報収集には何かと便利

広告から情報を広く浅く集め、ある程度絞れてきたら不動産会社からより詳しい物件情報を送ってもらい、掘り下げていこう。

その際に威力を発揮するのがFAXだ。郵送でもかまわないが、スピードや手間を考えると家庭用FAXがあると便利だろう。また、日付順に文書で残るので、あとで言った言わないのトラブル防止にもなる。

月に一度は不動産会社に電話をかける

不動産会社にアクセスした後は、情報収集の手段としても営業マンをフルに活用しよう。そして、よさそうな物件の情報を送ってもらおう。そのためには、予算や間取り、利用目的や環境条件など、自分の希望をできるだけ明確に相手に伝えておくことが大切だ。

よく『いい出物があったら』と言われるが、あいまいな条件では不動産会社の人も紹介のしようがない。それと、頻繁に電話をかけると嫌がられることもある。月に一度でも不動産会社へ連絡をするようにすれば、物件探しも身が入ることだろう。

現地見学

物件を絞り1日3〜4件をじっくり検討

リゾートでの現地見学は、そうそう何度も出かけられないのが普通だ。できるだけたくさんの物件を見て回ろうと張り切る気持ちもごもっともだ。

でも、1日に10物件も回るとなにがなんだかわからなくなってしまう。じっくり検討するためには、せいぜい3〜4物件が限度だろう。そのためには事前に問い合わせて物件を絞っておくのがベストだ。

アポなしの会社訪問は空振りのもと

せっかくの現地見学が空振りに終わらないよう、事前に不動産会社に連絡しておくこと。

アポなしで突然不動産会社へ行っても、鍵の手配ができず、物件が見られないこともある。

現地見学は時期の選定も大切だ。連休やお盆など混雑する時期はゆっくり見学する余裕もなくなりがち。逆に、人の少ない時期であれば不動産会社にどんどん質問をぶつけられる。少しぐらいなら無理も聞いてくれるはずだ。


 

購入後、その他

買った後も不動産会社をフルに活用

購入すれば不動産会社との付き合いは終わり、というわけでもない。土地勘のないリゾートでは、地元に詳しい営業マンは頼りになる存在だ。

不動産会社によっては、おいしい店や安い店の紹介はもちろん、カーテンや家具、ふとんなどのお店も紹介しているところもある。

購入者との付き合いは紹介客の獲得にもつながるので、不動産会社にもメリットがある。購入者にとっても、付き合いを保っておけば数年後の買い換えや買い増しのときに依頼しやすいだろう。

一度断った担当者に連絡してもかまわない

「一度断った担当者には頼みにくい」という声をよく耳にする。いろいろな事情で断念したものの、やっぱりその物件がよかったというケースもあるだろう。そんなとき、よくしてくれた担当者ほど連絡しにくいのも人情だ。

だが、担当者からの立場からみてみると、「お客さまが戻ってきてくれるほどうれしいことはありません。ぜひ以前の担当者に連絡していただきたいものです」という声もある。勇気をだして連絡をしてみるのもいいのでは。

別荘のみならず資産運用先としても注目を浴びる軽井沢
大家さん向けの収益不動産の取得及びお持ちの物件の有効活用、もちろん素敵な別荘のご提供もお任せ下さい。