リゾートを購入する > 資金計画を立てる

資金計画を立てる

いくらの物件が買える or 借りられる?

リゾート物件を購入するときの可能額は、手持ち資金にローン借り入れ可能額を加えたもの。手持ち資金は、物件購入の頭金以外にも、手数料やローン関係費用、あるいは各種税金を支払うために必要となる。リゾート物件の場合、購入価格の30〜40%を目安に手持ちの現金を用意するのが望ましいだろう。

全額キャッシュで買われる方は問題ないが、ローンを組む場合には、その種類によっていくつかの条件がある。

一般的な居住用住宅では、購入する土地・建物を担保にして融資を受ける。しかし、リゾート物件の場合、「購入物件以外の不動産(例えば自宅など)を担保にして借りるローン」と「リゾート物件自体を担保に借りるローン」とに大別される。

前者の場合、融資手続きはすべて自分で行う必要がある。しかし、自宅などの担保力が大きければ融資額も多くなる可能性がありし、その逆も考えられる。

後者のようにリゾート物件自体を担保にするローンの中では、民間の提携ローンの利用者が多いようだ。理由としては、比較的スムーズに借りられるし、手続きも簡単だ。

住宅金融公庫の「住まいひろがり特別融資」も低金利の固定型なので利用する人が多いようだ。

リゾートを定住目的で買うなら、都市型の住宅購入と同様、公庫の「マイホーム新築融資」、「マンション購入融資」をはじめ、財形などのマイホーム融資が利用できる。

同じく民間融資でもマイホーム融資を利用できる可能性があるため、リゾート物件のある地域に支店を開設している都市銀行や地方銀行に相談してみよう。

check

Last update:2016/10/11